宝石を覆す朝のために

ロマンを身近に。

スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

水死した姫からの帰還。そして雑記。 

日記的要素。



8月は3日・4日に演じたオフィーリアの写真。
クリア~~にゲネプロ時に撮影していただきました、Rhea様有り難うございます。


課題は多く、まだまだ未熟なので「すごく満足した稽古ができて満足した舞台にできました」とはとても言えないんですが、どーーーーーーーーー・・・・・と死んだように疲れ、まるで作中の水没して死んだオフィーリアのようになっており、だんだん昨日あたりから? かな・・・気持ち的に現実に戻ってきました。
遅いんですよ私こういうの。

嫌なところばかり思いつくものなのですが、こう写真にしていただいたものを一連で見ると、あ・・まあまあ意図していたものに近かったかな? ちょっとくらいは、と思います。

このブログとか、ミクシーの劇団のコミュニティから見ていただいている人とかは男装の役しか知らない可能性が大きいのでこういうお姫様の役珍しいでしょ。たまにはいいでしょ、だめ(笑)?みたいな。

でもお姫様・・・はできたらもっとぴっちぴちの人にやってもらいたいのもありますw し、私は憧れの女優さんがけっこうおばあさんの役とかをよくやるので、ガートルードとか女王レベルのご年齢の役がしっくりきたかもですよね。ビジュアル的にはねw
でもでも!
映像の世界とちがって舞台だけは30になろうと40になろうと学生服の役をやっていい世界なのでそのへんは見逃してあげてくださいね(うまい役者さんですら言いわけしながらやられますけど)。

うーん、狂気の幽霊・オフィーリアを描きましたが・・・どう映ったんでしょうね。
写真を見るかぎりでは、いろんな意味で百物語を読んでる白石加代子さんみたいにやれてる気がしてるんですが(技術抜けば)・・・良く言いすぎかな(笑)。

照明の感じ+白い衣装(これがヴィンテージのドレスです!ウエストの位置が高くてつらかった)・・・けっこう幽霊っぽく見えて満足。
客観的に見れるのは終わってからなのが演出としてはギャンブル。(カメラアプリ等の小さいのだとわかんないし)

あえてこの人は幽霊でーす、と説明しすぎないようにやってましたが・・・ほんとどれくらい伝わったのかなあ。



そんなこんなで少しずつ起き上がる精神。
次はどうなるかとかは謎ですが、やりたいことやめざしたいもの(芝居以外でも)をよく考えてます。
少しずつ意志が見えてくるにしたがって、少しずつ人間の現世界に戻ってきている、そんな感じです。

▲PageTop

8月3・4日、無事終了いたしました! 

ごあいさつ・お知らせ

ご来場くださった方、
差し入れまでくださった方、
暖かいお言葉をくださった方、

スタッフの全ての皆様、
共演者の皆様、

本当に有り難うございました。

まだ未熟な私ですが(演出・作家志望で演劇に入ったのでまさか役者やるとは・・・)、
ひとりでもとりあえずステージに立てたことは大きな一歩でした。

有り難うございます。

▲PageTop

3日4日、このピアスで。 

日記的要素。



ハムレットのフェンシングの決闘シーンを彷彿とさせる、サーベルのピアス。
大好きなヒステリックスのシルバー製で、ちょっと奮発しました。
今回のオフィーリアの衣装は、ビンテージの白いフルレングスのドレスに十字架のチョーカー、大きなスワロの指輪……とロマンティックな感じなので、ピアスだけはちょっとスパイシーにモダンな感じにしてみました。

見に来てくださる方、細部ですがぜひご覧になってくださいねv

本番、もうすぐです。
明日はゲネ。
どきどきします。
当日券も、ご用意できる回もあるようで、そちらはペイ・ドゥ・ミロワールのツイッターを参照にチェックしてみてください。

詳しくはこちら
(劇場の道順や、詳細含む)
http://blog.livedoor.jp/alf_maria_lully-miroir/archives/30982628.html

いい舞台にしたいです!

▲PageTop

今週末です! 

日記的要素。

表

pay de MIROIR公演公式サイト・ブログ更新されています。『今週末が本番となりました』→
http://blog.livedoor.jp/alf_maria_lully-miroir/ 
公演情報もこちらからご覧いただけます。 8/3〜4シアター・シャインにて

▲PageTop

8月イベントの合同稽古でした。 

日記的要素。

裏

お客様に見せるのと違い、同じこと=つまり芝居をしている(しかも自分より長くやっておられる・または多面的スキルがある)方しかみていない、玄人だらけの環境で自分の通しを見せるのって・・・・いまだに大きい心臓でいられません。

でもとっても刺激になりました。すごくみなさんステキ。
そして魅力的。

魅力があるかないかって大きいですよね。
うまいだけでも、なんとなく全体の平均点が高いだけでも物足らない。
惹きつけるものが一番大事な気がします。
(でもうまくなきゃやですけどね、私がお客視点ならば・・・w)

あー、自分への課題が多い。
そしてなぜ私は女の子で堂々とできないんだろう。普段女の子らしいw声だと思うんですけど。。。そうでもない?

▲PageTop

««

Menu

最新記事一覧

プロフィール

ユキ・シラユリ

Author:ユキ・シラユリ
■白百合の紋章 ~麗人と淑女のための小劇団~■

ユキ・シラユリ
(作・演出、パフォーマー)

クラシカル~アヴァンギャルドのアート、
スノッブ・グランジとエレガントの混在、
ブコウスキーとシェイクスピアを愛する両極趣向。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。