スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←来春は飛躍します。 →大人の国で、かつ妖精の国。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 日記的要素。
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日記的要素。

覚悟は揺れないがゆえ、覚悟となる

 ←来春は飛躍します。 →大人の国で、かつ妖精の国。
色々な準備が進むにつれて。
発表に対する、人前に出てなにかすることに対する、役者の覚悟が明確になっていくものだ。

魔法のように、突然演技の能力に目覚めてシンデレラストーリーが始まるのではない。
意外と、それがわかっていない人もいる。
わかったつもりでも、詳細がつまってきてはじめて自分の夢の大きさに怯えてしまう人も多い。

タイトルは忘れてしまったけど、爆笑問題の太田さんがけっこう前に出した自伝みたいな本で、高校の時に文化祭かなにかで一人芝居をやったエピソードが出てくる。
太田さんがこのころ友達がひとりもいなかったのは有名ですけど、一人芝居は日常でひとりでいるよりさらに孤独で大変だ。
でもこのくらいの気概がないと。
はじめはうまくいかないかもしれないけど、逃げないことが最初。
本番に行方をくらます役者も、
すごいタイミングで(<ここがポイント)急にご家族に不幸がおきて大変なときにいなくなる役者も、
バイトをばっくれる感覚でなんとなくいなくなる役者もそりゃあたくさんいるんです。
代表としてそういったことを黙って耐えていれば、
ホントに同じ嘘でやめていくひとたちのなんと多いことか…せめてもっとひねってくれとか、いっそおもしろいネタにまで昇華できるくらいに理由作り上げてくれとよく思う(苦笑)。

小さい劇団にはよくあること。
無名だし、まだまだ実績も肩書もない。
簡単にぶんなげられても、ある意味では仕方ない。

いちいちショックを受けることもある。
けど、
今はそこから抜け出しつつある。
歯を食いしばれ、自分。
失敗しても、自分は逃げるな。
「逃げ続けない」でいることから始まるんだ。

当たり前すぎて笑ってしまうけど、「逃げない」。

小さくても地道にいこう・・・。
だって自分がしたくてはじめたことだ。
他人の手助けがないことにも、どんと構えていられるようじゃなきゃいけない。

……などと思う日々。
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 日記的要素。
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【来春は飛躍します。】へ  【大人の国で、かつ妖精の国。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。