更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2012年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

花のように、清らか。

日記的要素。

2012.07.19 (Thu)

 華道をたしなんでいる。アバンギャルドな草月流。ここのところ多忙の極みなので、月イチになってしまっているが。私がたまたま門戸を叩いた先生は、私よりもちろんずっと人生の先輩であられるが……とても清らかで可憐な、美しい雰囲気の方である。そして、本当はなかなか教えていただくのが難しいくらいの、流派の中でも特に優れた素晴らしい腕の先生である。たまたま近所で、なんとなくいいように思えたところで申し込んだらそうな...全文を読む

PageTop▲

唇に残る薔薇

日記的要素。

2012.07.17 (Tue)

 嘘でも誇張でもなく、私は自宅の庭の香りのいい薔薇の花びらを食べる。または紅茶に浮かべる。地植えの薔薇の香りはより強く、口に含めば嗅ぐよりも芳しい。それを知っている美意識の高い姫君から(彼女を私は姫と呼んでいる、そう呼ばせる人となりだからだ)、薔薇のハーブティ……に近い紅茶をいただいた。紅茶は日々飲むものだから、贅沢なものでなくていい。とはイギリス人も言っているし、そう思う。しかし、一度いい紅茶を口に...全文を読む

PageTop▲

覆された宝石のような朝。なんびとが戸口にて誰かと囁く。それは神の生誕の日。

ごあいさつ・お知らせ

2012.07.14 (Sat)

 今更ネットの上で「初めまして」を書くのもなかなか新鮮だと思う。もう十年以上ネットのある生活を続け、友人が入れ替わるように何度かブログをやめたりまたはじめたりしたものだ。ツイッターやその他諸々のボイス機能で長い文章を書くのも(シナリオ以外では)稀になりつつある。技術は、使わないと錆びる。ただの日記のようなものかもしれないけれど、もう一度始めようと思う。そして今回は、男装役者・中性的役者をメインとして...全文を読む

PageTop▲

前月     2012年07月       翌月

Menu

プロフィール

ユキ・シラユリ

Author:ユキ・シラユリ
■白百合の紋章 ~麗人と淑女のための小劇団~■

ユキ・シラユリ
(作・演出、パフォーマー)

クラシカル~アヴァンギャルドのアート、
スノッブ・グランジとエレガントの混在、
ブコウスキーとシェイクスピアを愛する両極趣向。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。